育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

一般常識

18歳が成人になる!できること、できないことは何?成人式はいつ行く?

投稿日:

2022年4月から成年年齢が20歳から18歳に変更されます。今まで成人したらできることといえば親の同意なく携帯契約やローンが組めたり、タバコや飲酒などが思い浮かびますよね。18歳になったら何ができるようになって、何ができないことなのかをわかりやすく解説してみました。ぜひ参考にしてください。

18歳の成年年齢でできることは?

今まで20歳が大人の基準とされてきましたが、18歳が成年年齢の場合も20歳と全く同じなのでしょうか。 実はすべてが同じというわけではないのです。

18歳になったらできること一覧を作りましたので、まずはこちらをご覧ください。

18歳になったらできること一覧

・親の同意がなくても携帯電話の契約やローン、クレジットカードの作成

・医師免許や薬剤師免許、公認会計士や司法書士などの国家資格の取得

・結婚(女性も18歳に引き上げ)

・普通自動車免許、大型二輪免許の取得

・10年有効のパスポートの作成

・性別の取扱変更審判

・選挙の投票

 

今までは20歳になるまでは契約には親の同意が必要でした。しかし、2022年4月以降は18歳以上であれば、必要ありません

ただし、未成年者取消権も行使できなくなりますので、万が一消費者被害にあった場合でも自分で責任を負わなければなりません。

18歳から大人として扱われるので、安易にお金を借りたり契約を交わしたりはせずに、自分を守るためにも知識をつける必要がありますね。

もし万が一、トラブルにあってしまった場合は消費者センターに相談しましょう。

 

また、今まで女性は16歳で結婚することができましたが、18歳に引き上げとなります。

スポンサーリンク

理由は社会的にも経済的にも成熟度という観点から男女間に大きな違いはないという現代の考え方が一般的になってきたからです。

ただし、2022年4月1日の時点で16歳以上の女性は引き続き18歳未満であっても結婚することができます。

 

運転免許やバイクの免許は今まで通り18歳から取得可能です。

また、選挙権年齢も18歳に以前引き下げられ、継続して満18歳以上であれば高校生であっても選挙権を有するものとされています。

18歳になっても20歳まではできないことは?

では、従来通り20歳にならないとできないことは何かあるのでしょうか。

こちらも20歳までできないこと一覧を作成しましたのでご覧ください。

20歳にならないとできないこと一覧

・飲酒 ・喫煙 ・競馬や競輪、競艇やオートレースなどの投票券の購入

・大型・中型自動車運転免許の取得

・養子縁組

 

 

やはり健康面への影響を考えると、アルコールの摂取やタバコは20歳を過ぎてからとされています。

成人式は何歳でおこなう?

毎年1月の成人の日に行われている成人式は18歳になった年に参加するのでしょうか。

成人式に関しては現在各市町村により対応は様々になっています。

その理由は、18歳になった年の1月は就職活動や受験などイベントシーズンのためです。

いくつかの市町村では20歳開催として、名称を変更して予定しているようですね。

お住まいの自治体のホームページで確認するか、問い合わせてみるのが確実です。

 

国民年金や銀行口座は何歳から?

今までは国民年金は20歳になったら加入としていましたが、今後も20歳加入のまま変更はないそうです。

銀行口座に関しては、年齢制限を設けていないため実際には0歳からでも口座開設をすることができます。

 

まとめ

18歳は大人として扱われます。時代とともに法律も変化していくものです。

しかし、急に18歳になったから何かが変わるものではありません。

法改正に伴い社会も変化していきますが、日頃から大人としての自覚を持った行動ができるように,普段の生活から意識していくことが大切なのではなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

-一般常識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

電車賃の子供料金はいつからいつまでかかる?いくらかかるの?

子どもを連れて出かけるとなると電車を利用することも少なくないですよね。 普段は歩いたり、車で移動していたりすると、電車に乗る時になって子供料金は何歳からかかるのか知らない人もいるはず。 スポンサーリン …