育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

行事

3歳の七五三は男の子もやるの?意味や由来は?我が家の体験談紹介

投稿日:

七五三は華やかな衣装に身を包んで、お祝いするイベントというイメージでした。

女の子は3歳と7歳、男の子は5歳になる年に行うものと思っていたので、3歳の男の子を持つママ友が七五三をすると聞いてびっくりしました。

男も3歳で七五三をするとは思っていなかったのです。

きいてみると、男の子の3歳の七五三をする家庭も少なくないようですね。

七五三の由来や準備が必要な時期についても体験談もふまえて、まとめてみました。

スポンサーリンク
  

七五三は男の子でも3歳はする?

結論からいいますと、地域によって行うところ行わないところがあり、各家庭によって事情や考え方の違いがあるので、お住まいの地域や親族の考えをふまえてどうするか決めればよいです。

お友達のところでは七五三で3歳の男の子もしていましたし、5歳だけにするご家庭もあり、人それぞれでした。

やってはいけないことではないので、時間と予算があるならしてあげたいですね。

我が家は上の子が3歳のときは女の子なので七五三をしましたが、下の子のときは男の子だったので3歳の七五三はしませんでした。

私と夫の両親も男の子は5歳でお祝いするものという認識でしたので、特にトラブルなく過ごしました。

我が家とは反対に3歳は七五三をするものという認識のご家庭もあるでしょうから、ご家族の方々の気持ちを大切にして決めればよいでしょう。

七五三の由来は何?何のためにあるの?

そもそも七五三は何のための行われるのでしょうか。

平安時代のころの儀式がもとになっているといわれています。

男女ともに3歳は、髪置の儀といわれ、赤ちゃんの頃は剃って短くしていた髪を大人になるための準備として初めて伸ばす儀式をします。

男の子は5歳で、袴着の儀として、初めて袴を着る儀式をします。

女の子は7歳で、帯解の儀として、紐付きの子ども用の着物を着るのをやめて、大人のように帯を初めて締める儀式をします。

スポンサーリンク

紐落としの祝いと呼ぶ地域もあったようです。

もともとは貴族のような上流階級の方々の子どもの成長を祝う儀式でしたが、江戸時代ころから成長を願い神社に詣でる行事となってきました。

神社を参拝するのではなく、お祓いを受ける家庭も多く、内祝いの赤飯や千歳あめを持って、あいさつ回りに行ったり、親戚などを招いてお祝いの席を設けることもあります。

地方によっては結婚式のようにホテルの宴会場を借りてやることもあります。

たくさんの方がお祝いしてくれるのはうれしいですね。

みんなで子どもの成長を祝い、見守っていきたいものです。

我が家の3歳の七五三経験談

我が家では娘の3歳の時に七五三をしました。

11月が七五三の時期とされていますが、実際は前撮りは早いほうが割引も効きますし、直前は混みあうため早めに行動する家庭が多いです。

我が家の場合、8月の末に前撮りを予約して行い、その際に七五三の参拝用の衣装の予約をしました。

夏は日焼けをしてしまうので、日焼けをしていない7月以前に前撮りをしておいたほうが写真写りはいいです。

しかし、ただでさえ3歳という幼い子に慣れない着付けから写真をとったりするのは集中力が続かないですし、機嫌が悪いとうまくいきません。

娘は早生まれでしたが、8月の段階でもある程度おとなしくできて、写真撮影もスムーズに行えました。

お子さんの性格を考慮してプランニングをしましょう。

私が利用した大きなチェーン店のスタジオでは子どもの機嫌が悪くてうまく撮れないときは別の日に再度撮影に挑戦できるので、子どもの体調も考え無理しないでできました。

七五三当日は朝一番に衣装の着付けなどをお願いして、午前中に親族もともに参拝をしました。

そのあとあらかじめ予約していた小料理屋さんで、みんなで昼食をとりながら話をして過ごしました。

撮影と参拝は別の日にしたほうが、スケジュールも余裕ができ安心して動けます。

また、子どもの体調や機嫌に合わせることもできますのでオススメです。

まとめ

七五三は家族みんなで参加する一大イベントですよね。

3歳の男の子もするかどうかはご家庭の判断で決めましょう。

早めに行動して準備しておくことで慌てずにすみます。

素敵な思い出に残る七五三になるといいですね。

スポンサーリンク

-, 行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

敬老の日のプレゼントで人気のものは?手作りやオススメも紹介♪

9月の第3月曜日は日本の国民の祝日である敬老の日です。 スポンサーリンク 老人を敬愛し長寿を祝う日として定められていますが、今は孫が祖父母にプレゼントを用意することが多いです。 私は母の日に祖母にプレ …

敬老の日とは何の日で何歳からが対象?日付はいつで、由来は?

スポンサーリンク 国民の祝日である敬老の日ですが、何歳以上を老人として長寿を祝うべきなのでしょうか。 現在は元気な高齢者が多いので、年齢での線引きは難しいですよね。 また、いつが敬老の日で、どんな由来 …

お彼岸とはどんな意味があるの?時期はいつ頃で、お墓参りには行く?

お彼岸とは、いつ頃あるのか、どんな意味があるのかをご存知ですか? スポンサーリンク お盆とは何が違うのか、お墓参りはどうするのかなど、意外と知らないことも多いのではないでしょうか。 私自身結婚して、い …

中秋の名月とはいつごろ?満月なの?なぜ、ススキと団子を供えるの?

スポンサーリンク 真夏の暑さもひと段落してくると秋の訪れを感じますよね。 秋の行事の1つに中秋の名月というものがあります。 私は中秋の名月というと、縁側でお団子やススキを供えてお月見をするイメージが強 …

七夕の由来や意味は?子どもにはどう教えるとわかりやすい?短冊は?

スポンサーリンク 七月のイベントとして思い浮かぶもののの1つに七夕があります。 幼稚園や児童館では笹を飾って、短冊つくりをするところも多いですよね。 七夕祭りがあったり、家庭でも七夕のレシピなどを考え …