育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

行事

敬老の日のプレゼントで人気のものは?手作りやオススメも紹介♪

投稿日:

9月の第3月曜日は日本の国民の祝日である敬老の日です。

老人を敬愛し長寿を祝う日として定められていますが、今は孫が祖父母にプレゼントを用意することが多いです。

私は母の日に祖母にプレゼントや感謝の気持ちを伝えていたので、父の日や母の日に比べるとあまり意識していませんでした。

しかし、結婚して子どもが生まれてからは、敬老の日は子どもたちから義父母や両親にプレゼントをあげるようになりました。

敬老の日のプレゼントに人気のもの、手作りのプレゼントについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

敬老の日のプレゼントで人気のものは?

敬老の日のプレゼントで定番なの物に羊羹があります。

洋菓子も好きな方が多いですが、季節柄つるんとのど越しが良い水ようかんやゼリーがよいですね。

カステラやブランデーケーキなど1切れずつ包んであるものも冷やして食べるのに向いています。

1人でお住いの方にはささっと食べられるお茶漬けやお吸い物はいかがでしょうか?

食べ物以外で人気なものは、花や化粧ポーチがあります。

好きな花をいくつか選んで花束にするのもいいのですが、ブリザーブドフラワーや鉢花が管理が楽なので人気です。

衣類ですと、綿100%の肌触りの良いものやちょっとした肩掛け(羽織)のついたパジャマセットが人気です。

あまり厚くない中綿素材のベストや肩かけ(胸くらいまでの羽織)も人気です。

敬老の日のプレゼントは手作りにしよう

子どもが小さいうちは手形をとってプレゼントするのもいい思い出になります。

スポンサーリンク

毎年あげれば成長している過程がわかりますし、手形アートにしてみるのも可愛いですよ。

幼稚園に通うくらいになると絵も描けるので、似顔絵を描いてプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

台紙に絵をかいて、シールや手書きメッセージも添えると華やかになりますよ。

5歳以上になると折り紙も上手にできるようになるので、金色の折り紙とリボンでお手製の長生きメダルを作成して首に下げてあげましょう。

手作りのお菓子を100円均一で売っているラッピングを使用して包んでプレゼントするのも素敵ですね。

かわいい孫が手作りでプレゼントを用意してくれたことだけできっと喜んでくれます。

敬老の日のプレゼントでオススメは?

私もこどもに似顔絵を描いてもらい、その絵と写真をマスキングテープやシールでデコレーションしてプレゼントしたことがあります。

子どもを連れて買い物に行くのも大変で、家でできて、できればお金をかけなくても喜んでもらえそうなものはないかと考えた末でした。

100円ショップにはかわいいアルバムやシール、マスキングテープもたくさんありますし、写真もスマホのよりすぐりの写真をUSBに写せばコンビニでも印刷可能です。

Lサイズ印刷ではなく、分割プリントですと1枚30円で数種類の写真を1枚に印刷できます。

また、1年の成長をアルバムにまとめてプレゼントしたこともあります。

写真はあとから見返しても成長を楽しむことができますし、会わない間の成長もみることができるのでオススメです。

デジタルフォトフレームですと、会ったときにデータだけ追加すれば、常に新しい写真を見ることができるし、場所も取らないのでいいかもしれませんね。

今は安くて機能も豊富なものがたくさん売っています。

まとめ

好みがわからないとプレゼント選びは難しいですよね。

しかし、一生懸命選んでくれた気持ちだけでもうれしいものです。

敬老の日は家族みんなで元気な姿を祖父母にみせてあげましょう。

一緒に食事をするだけでも素敵な思い出になりますよ。

スポンサーリンク

-行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暑中お見舞いを出す時期はいつがいいの?送る相手は?はがきは?

スポンサーリンク 年始には年賀状を書く習慣がありますが、暑中お見舞いはあまり機会がないものです。 私も今まで必要性を感じなかったので、書いたことがありませんでした。 いつ頃、誰にあてて書くものでしょう …

お盆のお供えは何がいい?のしと掛紙、花はどんなものがいい?

スポンサーリンク お盆の習慣がないと、お供え物は何をどのようにするのかわからなくて困りますよね。 お盆の定番の品や、のし紙と掛紙の違いなどについてまとめてみました。 スポンサーリンク

運動会のお弁当で簡単なものは?前日から作れる?そうめんはあり?

スポンサーリンク 秋の一大イベントといえば子どもの運動会ではないでしょうか? がんばる子どもたちの姿がみれるし、応援と撮影で親も忙しいですよね。 子どもたちが楽しみにしていて、お母さん方の頭を悩ませる …

七夕の笹はどこで入手することができるの?保存方法と処分方法も紹介

七夕といえば笹飾りを思い出す人も多いのではないでしょうか。 スポンサーリンク たなばたさまの歌詞にも「ささの葉さらさら」というフレーズが出てきますね。 七夕が近くなってくると、幼稚園やお店などで笹飾り …

3歳の七五三は男の子もやるの?意味や由来は?我が家の体験談紹介

七五三は華やかな衣装に身を包んで、お祝いするイベントというイメージでした。 スポンサーリンク 女の子は3歳と7歳、男の子は5歳になる年に行うものと思っていたので、3歳の男の子を持つママ友が七五三をする …