育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

汗の種類は?いい汗と悪い汗の違いって何?どうしたらいい汗がでる?

投稿日:2017年5月11日 更新日:

夏になると暑さで汗が止まらなくなります。

私は代謝がいいほうなのか、冬でも動き回っているとじんわり汗ばんじゃうんですが、夏は歩いてるだけでじっとりしますね。

その汗で気になるのが、におい!!

自分で気づかない間に汗臭いって周りから思われていないか心配になります。

今回は汗についてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

汗の原因は何種類?

実は汗をかく原因が何種類かあるのを知っていましたか?

温熱性発汗と味覚性発汗、精神性発汗の3種類があります。

運動した時に出る汗が温熱性発汗、熱い物や辛い物を食べた時に出る汗が味覚性発汗、緊張した時に出る汗が精神性発汗です。

発汗は体温を下げるのに最も効率的な手段で、汗の蒸発による気化熱によって熱を逃がします。

もし暑いときに汗がでないと、体温がどんどん上がってしまい、命の危険が伴います。

高齢者は汗をかく機能が低下している方も多く、熱中症になりやすい要因でもあります。

暑いときや運動した時に汗が出ることで、体温の上昇を防ぎ、熱中症にならないように調節してくれるのです。

このような体温調節のための発汗を「温熱性発汗」といいます。

入浴後や激しい運動の汗も温熱性発汗です。

その反対に暑くないのに汗をかくこともありますよね。

興奮した時や緊張した時に手に汗握るといいます。

冷や汗が出る、ともいいますよね。

精神性発汗は手のひらやわきなど局所的に集中して汗をかきます。

精神性発汗では一時的にどっと増え、すぐに収まりますが、温熱性発汗は持続的に汗が出ます。

良い汗と悪い汗の違いとは?

汗の性質に対しても、良い汗と悪い汗の2種類があります。

スポンサーリンク

運動を普段からしている人は汗腺も鍛えられているので、サラサラで肌の上ですぐ乾く良い汗をかきます。

からだの貴重な成分が汗に含まれていないので水に近く、体温調節もしてくれる汗です。

一方、悪い汗というのは、ねばねばで乾きにくく、たくさん出ているのに体温調節もせず、からだの貴重な成分を体外へ出してしまう汗です。

現代は、冷房の使用や運動不足の影響から、あまり汗をかかなくなっています。

そうすると、汗腺はどんどん使われなくなって衰えていきます。

運動をしたときの汗は誰でも普通の汗よりしょっぱくなります。

それは、運動中は急激に汗が汗腺の導管を通過するために、導管から体の中に再吸収されなかった塩分が汗の中に残るためです。

普段運動をあまりしない人が急に激しい運動をすると、この導管の再吸収する機能が未熟なため、必要以上に塩分やミネラルも汗に含まれて体から失われます。

また、運動不足の場合、運動により筋肉内に乳酸が多量に溜まり、血液中へ流れでるために血中乳酸濃度が高まるため、汗の中の乳酸濃度も高まります。

汗の尿酸が増えるとアンモニアも一緒に増えるため、アンモニア臭の強い汗になってしまいます。

いい汗をかくにはどうしたらいい?

悪い汗ではなく良い汗をかくにはどうしたらいいのでしょう。

運動量に伴う汗腺の働きを高めるために、急に激しい運動をするのではなく、まずは有酸素運動から始め、少しずつ運動量を上げていくことが大切です。

その際、女性は鉄やマグネシウムなどのミネラルを失いやすく、少しの運動でも汗の中に多量の塩分やミネラルが増加してアンモニア臭の強い汗をかきやすいため注意してください。

スポーツドリンクでミネラルを補給しながら、運動しましょう。

おすすめはレモン水です。

レモン水にはクエン酸が含まれており、汗腺の働きを良くし、たんぱく質やミネラルが汗に残りにくくしてくれます。

クエン酸はレモンのほかにも、梅干しやオレンジなどの柑橘類、お酢などにも含まれています。

まとめ

汗をかかずに冷房に頼りっぱなしだと汗腺もからだも働きが鈍くなってしまいます。

汗をかくならキラキラした爽やかな汗をかきたいですね。

普段から運動することで汗腺を鍛えて健康的に汗をかきましょう。

スポンサーリンク

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペーパークロマトグラフィーで自由研究をしよう!実験方法紹介

スポンサーリンク 夏休みが始まるとうれしい反面、子どもたちの頭を悩ますのは自由研究ではないでしょうか。 せっかくですから楽しみながら何かを学ばせたいと思うのが親心ですよね。 オススメはペーパークロマト …

蓮沼ウォーターガーデンのアトラクションは?アクセスや料金は?

スポンサーリンク 夏といえばプール! お気に入りの水着を着て、プールでデートはワクワクしますね♪ 千葉県の蓮沼ウォーターガーデンでは2015年にできた急上昇・急降下・横揺れを楽しめる世界初のスプラッシ …

熱中症と冷房病の症状と原因はなに?対策は何をしたらいいの?

スポンサーリンク 暑さが厳しくなってくると熱中症のニュースも増えてきますよね。 野外での活動で子どもが熱中症にならないか心配になります。 また、熱中症と似た症状で冷房病というものがあります。 冷房病は …

カブトムシのエサは何がいいの?飼育方法や生態、寿命はどのくらい?

夏の風物詩の1つといえば、カブトムシですね。 スポンサーリンク 公園や森などで捕まえるだけでなく、お店で売られていますので、みかける機会は増えましたね。 捕まえたから飼ってみよう、夏の思い出に買ってみ …

汗が臭いのはなぜ?におい対策やワキガのセルフチェックはある?

スポンサーリンク 汗のにおいが気になりますよね。 どうしたら汗臭くなくなるのか、洗濯してもにおいが取れないときはどうしたらいいのか悩むことはありませんか? 夏はどうしても汗の量が増えてしまう季節です。 …