育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

行事

お盆のお供えは何がいい?のしと掛紙、花はどんなものがいい?

投稿日:

お盆の習慣がないと、お供え物は何をどのようにするのかわからなくて困りますよね。

お盆の定番の品や、のし紙と掛紙の違いなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

お盆のお供えは何がいいの?

お盆のお供えを準備する場合は何が一般的なのでしょう。

定番としては盆菓子と呼ばれる落雁があります。

米などから作ったでんぷん質の粉に水あめや砂糖を混ぜて着色し、型に押して乾燥させたお菓子です。

さらっとした口どけと奥行きのある上品な甘さがあります。

記憶をさかのぼると祖母の家のお仏壇にお供えしてあったような気がします。

見た目も上品で高級品のような印象でした。

砂糖菓子と思っていましたが、でんぷん質のお粉に混ぜてあるんですね。

可愛い花の形など食べるのがもったいないですよね。

一般的に7月末ころからお菓子屋さんやスーパーの店頭で購入することができます。

季節ものなので、お盆が終わると姿を消すことも多いので、早めにお求めになるといいですね。

盆菓子以外には、缶詰や水ようかん、ゼリーなど賞味期限の長いものがオススメです。

最近では入浴剤やボディソープ、洗濯洗剤や掃除用洗剤などいろいろなものが送られています。

線香やろうそくセットなども腐らずに、いずれは消費されるので無駄にはなりません。

お盆のお供えで使うのはのし?掛け紙?

お盆のお供えを購入した時に悩むのが水引やのしですよね。

スポンサーリンク

香典袋もそうですけど、用途に合わせて使うものが違うのでその場で選択するので迷います。

一般的に、のしの印刷された慶事用の印刷掛紙を、のし紙と呼ぶこともありますが、弔事のときはのしは印刷されないので、掛紙といいます。

内掛紙だと開封するまで誰からのお供えかわかりませんから、包み紙の上からかける外掛紙にしましょう。

掛け紙が裏で重なるときは、慶事と一般のときは左を内側に、右を外側に重ねます。

弔事では左が外側になるので注意が必要です。

水引は白黒か黄白の結びきりのものを使いましょう。

表書きは「御供」か「御仏前」です。

名前は旦那さんの名字だけかフルネームで記載しましょう。

親族で同姓が多い場合は誰からのものかわかりづらく紛らわしいため、姓名を記名するとよいでしょう。

お盆のお供えにはどんな花がいい?

お仏壇やお墓で思わず目が行くのはきれいな花ですね。

華やかに飾られていると気持ちも和みますよね。

故人の好きな花を飾る分にはいいのですが、一般的に棘のある花(バラなど)や香りの強い花(ユリなど)、毒のある花はお供えには好ましくないです。

花の本数は3,5,7本のいずれかに揃えましょう。

白・黄色・紫の3色をメインにまとめてみましょう。

オススメは定番の菊やミゾハギです。

あまり派手でなく、長持ちする花を選びましょう。

お盆が近づいてくると、スーパーの店頭にも花が置かれるので、みてみましょう。

まとめ

お盆のお供えについてわかりましたか?

決まり事もあるので、間違わないようにしたいですね。

地域や宗派によってかわりますので、ご自身の地域と宗派のルールや考え方も1度確認してみましょう。

スポンサーリンク

-行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暑中お見舞いを出す時期はいつがいいの?送る相手は?はがきは?

スポンサーリンク 年始には年賀状を書く習慣がありますが、暑中お見舞いはあまり機会がないものです。 私も今まで必要性を感じなかったので、書いたことがありませんでした。 いつ頃、誰にあてて書くものでしょう …

土用の丑の日って何?ウナギを食べる習慣がある?2017年はいつ?

土用の丑の日ってよく聞きますよね。 スポンサーリンク 土用じゃなくて土曜だと思っていたので、今日は土曜日じゃないのに何で土用っていうのだろうと不思議に思っていました。 丑の日なのに牛じゃなくてウナギを …

初盆のお香典の金額や不祝儀袋の種類、服装はどのようなものがいい?

初盆に招かれた場合、香典や服装など知らないことが多いと、不安になりますよね? スポンサーリンク 実際に体験したり、経験がないと常識といわれていても知らなかったりしますよね。 宗派や地域の風習によって初 …

敬老の日のプレゼントで人気のものは?手作りやオススメも紹介♪

9月の第3月曜日は日本の国民の祝日である敬老の日です。 スポンサーリンク 老人を敬愛し長寿を祝う日として定められていますが、今は孫が祖父母にプレゼントを用意することが多いです。 私は母の日に祖母にプレ …

五山送り火とは?見えるホテルはどこ?鑑賞会や穴場スポットは?

スポンサーリンク 京都の夏の風物詩といえば、五山の送り火を思い出す人も多いのではないでしょうか。 夏の夜にくっきりと浮かび上がる様子は1度見たら忘れられないですよね。 全国的にも有名なため、観光に行く …