育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

行事

暑中お見舞いを出す時期はいつがいいの?送る相手は?はがきは?

投稿日:2017年4月22日 更新日:

年始には年賀状を書く習慣がありますが、暑中お見舞いはあまり機会がないものです。

私も今まで必要性を感じなかったので、書いたことがありませんでした。

いつ頃、誰にあてて書くものでしょうか。

暑中お見舞いについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

暑中お見舞いの時期は?

暑中お見舞いを出すのは、いつ頃がいいのでしょうか。

暑い夏の盛りにやりとりするイメージはあるのですが、実際に書くとなるといつがいいのかまでは知りませんでした。

暑中お見舞いは暦の上で夏の間の「暑中」にだします。

「暑中」は「小暑」よりあと、「大暑」の前後で、「立秋」の前日までです。

今年2017年の小暑は7月7日、大暑は7月23日、立秋は8月7日です。

一般的には梅雨明けから立秋の前日と考える方が多いので、梅雨明けから8月7日頃までがいいでしょう。

立秋を過ぎたら「残暑」になるので、「残暑見舞い」となります。

暑中お見舞いは誰に出すもの?

暑中お見舞いとは、そもそも誰に出すのでしょうか。

一般的には、日頃なかなか会えない知人や友人、お世話になっている人や取引先、お客様など、近況を報告する季節の挨拶状です。

年賀状でやりとりはしていても、会えずに毎年「今年は会いたいね」とやりとりをしているのを思い出しました。

「会いたいね~」じゃなくて、「いつ会おうか」と行動を起こさないと、ずっと「会いたいね」のままになってしまうんですよね。

大人になると予定を合わせるのが難しかったりで、来月の予定が出たら…と後回しにしていると会えないものです。

それで忘れてしまって年賀状を書きながら思い出します。

暑中お見舞いは、もともと書く習慣がなかったので書いたことがなかったのですが、名称だけは知っていました。

スポンサーリンク

結婚・出産・転居の報告をするのにもちょどいい機会になりますね。

企業でしたら、夏のおすすめやセールの案内を兼ねてはがきを出すのもよいかもしれません。

年賀状ほど一般的ではないのですが、もらって嫌な思いをすることはないと思いますので、最近連絡を取ってない人で気になる方がいらっしゃるようでしたら、かいてみましょう。

年賀状でお互いに「会いたいね~」といってそれっきりだったら、暑中お見舞いでまた連絡をとりたいですね。

暑中お見舞いのはがきは?

暑中お見舞いはどのように書けばいいのでしょうか。

一番簡単なのは、デザインが決まっているはがきの印刷を頼むことです。

年賀状同様、テンプレートがいろいろあり、自分の好みや送り先に合わせて選ぶことができます。

文章もすでに記入されているものがほとんどです。

かっちりとした企業向けの正統派から、写真を入れるタイプ、可愛くポップなイラストが描かれたオシャレなはがきなどみていて楽しくなります。

はがき代に加え、印刷代がかかるのがネックですよね。

費用を抑えたい場合は自分ではがきを購入して書いたり、プリントしたりするのが一番ですね。

くじ付きの暑中見舞い用はがきも販売されているので、そちらを利用するのもいいですね。

メールではなくはがきを利用して、できれば直筆のメッセージが添えてあるとうれしいですよね。

印刷されたものだけだと、無機質なかんじがしますよね。

私自身、字がうまくないのであまり手書きはしたくないのですが、手紙は手書きが一番思いが伝わるので、年賀状では必ず一言添えてだします。

まとめ

日本で伝わる昔からの慣習はいろいろな意味があって面白いですよね。

年賀状だけでなく、暑中お見舞いや残暑お見舞いなど季節に応じて相手を気遣い挨拶をする習慣は大切にしていきたいものです。

また、きっかけがあることで自然と交流が増えていき、学びもあると思います。

ぜひ、新たな習慣の1つとして加えていきたいですね。

スポンサーリンク

-行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七五三の前撮りの時期はいつ頃がいいの?親の服装や当日の衣装は?

スポンサーリンク 子どもがもうすぐ3歳になるときに気になるのが、七五三ではないでしょうか? 初めての七五三だと、いつごろから準備をしたらいいのかわからないので不安になりますよね。 私の子の初めての七五 …

七夕の由来や意味は?子どもにはどう教えるとわかりやすい?短冊は?

スポンサーリンク 七月のイベントとして思い浮かぶもののの1つに七夕があります。 幼稚園や児童館では笹を飾って、短冊つくりをするところも多いですよね。 七夕祭りがあったり、家庭でも七夕のレシピなどを考え …

土用の丑の日って何?ウナギを食べる習慣がある?2017年はいつ?

土用の丑の日ってよく聞きますよね。 スポンサーリンク 土用じゃなくて土曜だと思っていたので、今日は土曜日じゃないのに何で土用っていうのだろうと不思議に思っていました。 丑の日なのに牛じゃなくてウナギを …

運動会のお弁当で簡単なものは?前日から作れる?そうめんはあり?

スポンサーリンク 秋の一大イベントといえば子どもの運動会ではないでしょうか? がんばる子どもたちの姿がみれるし、応援と撮影で親も忙しいですよね。 子どもたちが楽しみにしていて、お母さん方の頭を悩ませる …

七夕の笹はどこで入手することができるの?保存方法と処分方法も紹介

七夕といえば笹飾りを思い出す人も多いのではないでしょうか。 スポンサーリンク たなばたさまの歌詞にも「ささの葉さらさら」というフレーズが出てきますね。 七夕が近くなってくると、幼稚園やお店などで笹飾り …