育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

オススメグッズ

子どもの浴衣はどんなものがいい?着せかたや帯の結び方を紹介

投稿日:

夏といえば夏祭り。

屋台や盆踊り、普段出かけない夕暮れの公園でみんなでワイワイできるのは楽しいですよね。

私の娘は幼稚園に上がるころにはだんだんと女らしさもでてきて服装にもこだわりが出てきました。

せっかくだから、夏祭りでは浴衣を着せておしゃれをさせてあげたいなぁと思いつつも、浴衣って難しそうなイメージで甚平や浴衣ドレスにしていました。

けど、子どもの浴衣姿は可愛いですよね。

不器用な私でも娘に浴衣を着せてあげたいので、子どもの浴衣について学んでた結果をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

子どもの浴衣の選び方

こどもは成長が早いので、普段でも洋服のサイズ選びには頭を悩ませますよね。

浴衣ではどのサイズを選んだらよいのでしょう。

子ども用の浴衣は大人用の浴衣と違って、肩上げや腰上げなどをするのが一般的です。

昔の時代のゲン担ぎなのですが、肩上げや腰上げを必要としないピッタリのサイズの着物はこれ以上成長しないこと、つまりは死を意味するものとして嫌われていました。

なので、1サイズ大きいサイズのものを購入されることをおススメします。

市販のものはあらかじめ肩上げや腰上げがされているものも多いので、購入の際は確認してください。

ちなみに肩上げとは子どもの浴衣の裄(ゆき)の長さを調節するためにとった肩のつまみ(タック)のことです。

腰上げとは腰のところでタックをとって丈を調節することです。

大人では腰上げをせず、おはしょりを作ってひもで絞めますが、子どもの場合は苦しさを感じるので楽に着せるためには腰上げのほうがよいです。

こどもの浴衣の着せ方

浴衣は着物と違って簡単です。

スポンサーリンク

1回で基本的な着方は覚えられますので安心してください。

用意するものは、浴衣、兵児帯、草履(サンダルでも可)です。

柄の流行はあまりないので、1つ揃えておけば大丈夫です。

①浴衣に袖を通します。

②右のひもを左側の八ツ口(帯代わりの付紐を通すための穴)へ通します。

③ひもを背中で交叉させて前で結びます。この際、おなかの下のほうで結ぶとはだけづらくなります。

④しわを伸ばし、兵児帯を結びます。

こどもの浴衣の帯

子どもの浴衣の帯は兵児帯が主流です。

兵児帯はへこおびと読み、和服における男物の帯の一種でしたが、現在では子どもや女性が締めることも多いです。

生地が柔らかく幅広であるため、体に負担がかかりにくいのがメリットです。

兵児帯の結び方にルールはないので好きな結び方をしましょう。

結び方はいろいろありますが、一番簡単なのはリボン結び(蝶々結び)です。

胴に2回巻き付けたあとそのままリボン結びをするのではなく、巻いた帯の下から上に帯を通してから結んだほうがほどけにくくなります。

リボン結びを2回しても兵児帯のふわふわ感が出ていいですね。

帯が長いときは長さを利用して、文庫結びのように折りたたみ分を増やしてぎゅーっと結ぶと、蝶々結びの羽がたくさんあるようでボリュームが出て可愛らしいです。

帯板をいれると着崩れ防止になりますが、帯板がない場合は新聞紙や牛乳パックなどの厚紙で代用できます。

また、輪ゴムをつなげてひも状にして帯と浴衣の間に巻くとずり落ちなくなります。

兵児帯は輪ゴムを使ってお花を作ったり、2色の帯で華やかにしてみたり、いろいろアレンジができるので楽しいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

浴衣は難しそうだから…と思っていましたが、実際に調べてみると簡単そうですし、帯にもいろいろアレンジができて楽しそうです。

去年までは甚平や浴衣ドレスだったので、今年は浴衣デビューをさせてみようと思います。

娘もオシャレが大好きなのできっと喜んでくれそうです。

ぜひ、夏祭りに浴衣を着てでかけましょう。

スポンサーリンク

-オススメグッズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ランドセルはいつごろ買うのがオススメ?安くなる時期と選び方

スポンサーリンク 幼稚園も年長になると、来年は小学生になるということを意識しますよね。 小学生といえばランドセル! ランドセルを買うのはいつ頃がいいのか、どんなランドセルがオススメなのかをまとめてみま …

花火大会で使える定番のグッズと便利グッズを紹介。子ども連れには?

夏のイベントといえば花火大会ではないでしょうか? スポンサーリンク 夜空を彩るきれいな花火の数々に言葉を失って感動にひたれますよね。 友達や家族、大切な人とのデートできれいな浴衣に身を包んで、いつもと …

子どもの虫よけで安全なものは何があるの?オススメグッズの紹介

暖かくなってくると虫も増えてきて困りますね。 スポンサーリンク 特に蚊は刺されるとかゆみもあって、かいてしまって肌荒れの原因にもなりますし、虫よけを用意するのが一般的でしょう。 しかし、大人と同じもの …

子どもに日焼け止めは必要?選び方の注意点は?おすすめアイテムは?

段々と日射しが強くなり、紫外線が気になる季節になりましたね。 スポンサーリンク 子どもも赤ちゃんのときはベビーカーお散歩していましたが、歩けるようになると歩き回るので、日焼けが気になります。 母子手帳 …

結婚式にお呼ばれされた時のドレスのマナーは?素材や色は?

スポンサーリンク 結婚式に招待されたとき、うれしい反面、頭を悩ませるのが着ていく自分のドレスではないでしょうか。 初めての友達の結婚式で失敗しないためにも、暗黙の了解としてマナー違反とされているものも …