育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

しつけ 育児

こどもの好き嫌いはどうしたらいい?本当に嫌い?克服するには?

投稿日:2017年4月9日 更新日:

離乳食の終わり、一通りのものが食べれるようになってくると心配になる子どもの好き嫌い。

アレルギーがあるわけではないので、できれば食べてもらいたいけど、無理に食べさせるべきか様子をみていいのか悩みますよね。

我が子もだんだんと好き嫌いが目立ち始めて、気になり始めたので、好き嫌いについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

子どもの嫌いは本当?

「○○嫌い。食べない。」と言って食べ物を残すと困ります。

できれば好き嫌いなく、バランスよく栄養を取ってもらいたいのが親心ですよね。

まず確認したいのが、本当にそれが嫌いなのかということです。

子どもはちょっとでも匂いや苦みがあるものには嫌な顔をして、口から出してしまうこともあります。

子どもの味覚はとても敏感なのと、初めて食べるものには警戒心を抱くためです。

それをみて親は「この子は○○が嫌いなんだなぁ」と意識してしまい、「○○嫌いなの?」と発言することで、子ども自身も○○が嫌いなんだと思い込んでしまうことがあります。

たまたま、味付けが合わなかっただけかもしれないし、子どもの体調がすぐれなかっただけかもしれないです。

それを嫌いなものと決めつけてしまうことで、子どもの好き嫌いを親が作ってしまっているの可能性があります。

1度食べなくても違う味にしたり、見た目をさりげなく変えて、次も出してみたりして様子をみてみましょう。

見た目と味が違うと同じ食材でも食べられることも多いです。

また、一緒に食卓を囲む時に「○○美味しいなぁ~♪」と美味しく食べている姿を見せることで、子どもも食べたいという気持ちに変わるかもしれません。

「○○美味しいよ♪食べてみようね」とすすめてみて、食べられたときには大げさなくらいのリアクションで褒めてあげましょう。

スポンサーリンク

反対に食べられなかったときはリアクションは少なめにしましょう。

親のリアクションを喜んで、べーっと出して遊んでしまうこともあります。

食事は栄養を取ることだけが目的ではなく楽しんで食べることも大切なので、食べれなくても無理強いせずに楽しい食卓をこころがけましょう。

好き嫌いをなくすためにはどうしたらいいの?

味付けを変えてもダメで、どうしても残してしまうこともあるでしょう。

私の子どもたちもみただけで「嫌い」と言って、お皿の端によけてしまいます。

食べ物に対しての愛着がないため、簡単に捨ててしまいます。

どうしたら愛着がわくでしょうか。

オススメは料理のお手伝いを頼むことです。

レタスをちぎったり、かにかまを割いたり、卵を割ったり、卵をかき混ぜたり、ひき肉をこねたり、スープをかきまぜたりなどです。

手間はかかりますし、自分でしたほうが早く料理もできますが、子どもに料理のお手伝いをしてもらうことで、自分でつくったという達成感と食材に対して愛着がわいて食べてくれることがあります。

また、お庭やベランダで野菜を育ててみることもオススメです。

大事に大事に育てて実るとうれしいし、成長過程を学ぶことで勉強にもなります。

ミニトマトなどは特に栽培も簡単ですし、たくさん実ります。

好き嫌いはいつまで続くの?

幼稚園や小学校に通い始めて集団生活が始まると、お弁当や給食をみんなで食べるため、自然と好き嫌いが減る傾向にあるようです。

家庭では好き嫌いをして残しても、幼稚園や小学校の給食では残さず完食できていることもあります。

神経質になりすぎず、おおらかな気持ちで根気よく対処しましょう。

まとめ

好き嫌いがあってもほかの食材から栄養をとることができますし、細かく刻んだり、ミキサーにかけるなど原型をなくせば気づかずに食べれたりするものです。

食事は家族団らんの時間でもありますので、残しても怒りすぎず、楽しんで笑顔で食べられるようにしましょう。

スポンサーリンク

-しつけ, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こどものやる気や興味を大切にして、遊びの中から学びを深めよう

幼稚園に入るとスイミング教室やサッカー教室、英語教室など習い事に通う子も出てきて、やってみようかしらと考え始めますよね。 スポンサーリンク お金と時間があればいろいろ経験させてあげることもできるけど、 …

ひらがなが読めるようになるのはいつから?書く練習など勉強は必要?

スポンサーリンク 幼稚園に入ると、他の子の成長を目にする機会も増え、自分の子と比較してしまうことも少なくありません。 今まで気にしていなかったことも気になるようになったりしますよね。 今回はひらがなの …

子どものおもちゃの片づけ方法~おもちゃの定位置と習慣化~

こどもの年齢が上がるにつれて子どものおもちゃが増えてきますよね。 おもちゃが増えてくると同時に収納やお片づけに悩むことはありませんか? スポンサーリンク 我が家ではリビングの端に収納スペースを作ってい …

子どもはいつからお箸を練習する?持ち方や選び方、練習方法を紹介

スポンサーリンク スプーンやフォークに慣れていくと、次に気になるのはお箸ですよね。 いつごろからどんなふうにお箸の練習を始めるのか、正しいお箸の持ち方を身につけるにはどうしたらいいのかまとめてみました …