育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

しつけ 育児

子どものおもちゃの片づけ方法~おもちゃの定位置と習慣化~

投稿日:2017年4月1日 更新日:

こどもの年齢が上がるにつれて子どものおもちゃが増えてきますよね。

おもちゃが増えてくると同時に収納やお片づけに悩むことはありませんか?

我が家ではリビングの端に収納スペースを作っていますが、自分で片付けするときは箱におしこんでしまいぐちゃぐちゃになっていました。

そして、遊ぶ際は箱の中身を全部出して広げて遊ぶため、すぐに片付かないし、散らかりやすかったです。

一人で片付けができず、「一緒に片付けないとできない」と泣くこともありました。

どうしたら一人でも片付けがスムーズにできるでしょうか。

こどものお片づけについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

片付けのおもちゃの定位置を決める

片付けの仕方をお子さんは理解しているでしょうか。

おもちゃを片付けるとき、ただおもちゃ箱にいろんな種類のおもちゃをまとめてしまっていませんか。

「片付けなさい」と言われても片付け方を理解していないと、どうやって片付けるべきなのかがわからず困惑してしまいます。

散らかっているものをしまおうと、種類を考えずにごちゃまぜにしてしまいます。

そうすると、みてわかりにくいため、探し物のためにおもちゃ箱をひっくり返して散らかしてしまうことにもなります。

まず、どこにしまうのかを決めましょう。

おもちゃを全部出して、100円均一のかごやファイル、トレイなどを活用して種類ごとに別の箱にしまいましょう。

大きさや色など同じものをそろえると見栄えもよくなり、遊ぶ時も出しやすくなります。

机の片付けも本棚の整理整頓でも、シリーズものや同じ大きさのものをまとめるように教えましょう。

整理整頓されたら、その場所がそのおもちゃや本たちの定位置であることを教えて、出したら同じところに戻すように伝えましょう。

なかなかものの定位置が覚えられない場合は、整理整頓された状態で写真を撮って、どの箱に何をしまうのか写真でわかるようにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

私の子どもの通う保育園ではおもちゃ箱の前に写真が貼ってあり、何が入っているのか、どういう風に置くのが正解かわかるようになっていて、子どもたちはきれいにお片づけができていました。

ただ「片付けなさい」というだけでなく、1つずつ「これはそこ」「これはあそこ」と伝えることで覚えていくことができます。

おもちゃの定位置を決めることで迷うことがなくなり、お子さんもスムーズにお片づけができるようになるでしょう。

片付けを習慣化する

散らかしてから片付けるのではなく、食事やお風呂の前、寝る前など時間を決めてこまめに片付ける習慣をつけましょう。

いろんなおもちゃを散らかした状態で「かたづけなさい」と言われると、何から始めていいのかどこから手を付けていいのかわからなくなり、お手上げの状態になってしまうことがあります。

1つずつ片付けていけば早く終わることを学び、使い終わったらすぐに片付ける習慣をつけることで途方に暮れて困ることも減るでしょう。

片付けを行う際は、最初は一緒に片づけをして場所を覚えさせましょう。

何度も繰り返すうちに自分でしまう場所がわかり、できるようになるので、見守るだけにしましょう。

注意3割ほめ7割の割合で、1人で片付けができるようになるまで待ちましょう。

せっかくこどもが片付けても「ここじゃないでしょ。何回行ったらわかるの」と言われると、こどものやる気もなくなってしまいます。

お子さんのやる気を継続させるためには、「すごいね。ちゃんと片付けられたね。これはこっちのほうがもっときれいになるね。」とフォローしてあげましょう。

一人で片付けができるようになってからも、片付いた後にみてあげて、ほめてあげましょう。

そうすることで自分でできるんだという自信につながっていきます。

まとめ

こどもは一度教えたらできるというものではないので、根気よく何度も教えてあげましょう。

普段できていても、気分や体調でできないこともあります。

甘えてやらない場合は叱ることも必要ですが、自分の感情で怒ることのないようにしましょう。

片付け方と場所がわかれば、整理整頓する力も身についていきます。

子どもがスムーズにお片づけができるようになるとうれしいですね。

スポンサーリンク

-しつけ, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どもはいつからお箸を練習する?持ち方や選び方、練習方法を紹介

スポンサーリンク スプーンやフォークに慣れていくと、次に気になるのはお箸ですよね。 いつごろからどんなふうにお箸の練習を始めるのか、正しいお箸の持ち方を身につけるにはどうしたらいいのかまとめてみました …

こどものやる気や興味を大切にして、遊びの中から学びを深めよう

幼稚園に入るとスイミング教室やサッカー教室、英語教室など習い事に通う子も出てきて、やってみようかしらと考え始めますよね。 スポンサーリンク お金と時間があればいろいろ経験させてあげることもできるけど、 …

こどもの好き嫌いはどうしたらいい?本当に嫌い?克服するには?

スポンサーリンク 離乳食の終わり、一通りのものが食べれるようになってくると心配になる子どもの好き嫌い。 アレルギーがあるわけではないので、できれば食べてもらいたいけど、無理に食べさせるべきか様子をみて …

ひらがなが読めるようになるのはいつから?書く練習など勉強は必要?

スポンサーリンク 幼稚園に入ると、他の子の成長を目にする機会も増え、自分の子と比較してしまうことも少なくありません。 今まで気にしていなかったことも気になるようになったりしますよね。 今回はひらがなの …