育児と家事の便利サイト

育児と家事に役立つ情報をお伝えしています。

子どもの病気

保育園は病気をもらいやすい?仕事を休めないときの対処と予防対策

投稿日:

そろそろ私も働かないといけないので、こどもを保育園に預けようかなと考え始める中で

保育園に行くようになってからいろいろ病気をするようになるって聞くけど大丈夫かしらと不安に思っていませんか?

漠然とした不安を抱えずにしっかり覚悟と対策をとって仕事に行けるといいですね。

保育園に通園する中で病気をもらいやすいのか、仕事を休めないときや対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

保育園に通い始めると病気をもらいやすいのか

保育園に通い始めると病気をもらいやすいのかという質問の答えはYESです。

今まで風邪などの病気になったことはほとんどなかった子でも、保育園に通い始めると体調を崩しやすくなります。

なぜかというと保育園は集団生活の場なので、たくさんの人と接することになり感染のリスクが高まるためです。

また、生後半年ころまでは母親からもらった免疫力の効果がありますが、それ以降は効果がなくなってきます。

そのため、保育園に通う頃には自身の免疫力で戦うので感染しやすくなります。

最初の半年から1年は大変かもしれませんが、徐々に免疫力を高めていくので、ウイルスへの抵抗力もつきます。

休み日数も減っていくことでしょう。

最初の1年は耐え忍んで抗体を作っていると思って覚悟をきめてがんばりましょう。

保育園に病気で預けられないのに仕事も休めないとき

病気によっては保健法にのっとり治癒証明がないと登園できないものがあります。

インフルエンザでは発症した後5日、かつ熱が解熱した後2日を経過するまで。幼稚園児に関しては、発症した後5日、かつ解熱した後3日を経過するまでが登園登校許可の目安となっております。

水疱瘡、おたふくかぜ、インフルエンザ等は医師に登園許可証明書を書いてもらいましょう。

しかし、どうしても仕事が休めない日もありますよね。

子どもが体調を崩すことが多く休みがちになると職場の人の目も気になったり、どうしても外せないイベントがあって出勤しなければいけなかったり、胃が痛くなります。

スポンサーリンク

実家が近くて子どもの面倒をみてもらえるのなら助かりますが、遠方に住んでいたり両親とも仕事をしていて頼れないこともありますよね。

そんなときにおすすめなのが、病児保育やファミリーサポートです。

病児保育は病気回復期等にあるため保育所などに預けることができないときに、保護者等の仕事や傷病などの理由により、家庭での育児ができない場合、病気をしている子どもを預かってくれます。

市区町村で定められている保育施設となるので、ご自身の市区町村の病児保育を調べてみてください。

ちなみに私の住んでいるところの病児保育は事前登録が必要でした。

前もって調べておくことで、突然病気になった時も焦らずにすみますね。

保育園で病気をもらわないようにする対策と予防

できるだけ病気にならないように家庭でできる対策は何かないのでしょうか。

やはり基本は規則正しい生活です。

早寝早起きをこころがけ、保育園など外から帰ってきたときは手洗いうがいをしっかりとすることです。

十分な栄養と睡眠をとることで免疫力も高まります。

また、なんとなく子どもの体調が怪しいときは早めに受診して薬を処方してもらったり、病気を長引かせないようにすることが大切です。

もしもの時のために病児保育の登録などは早めにすまして、電話番号も携帯にいれておきましょう。

まとめ

仕事はかわりがいるけど、母親は自分しかいないことはわかってていても、一緒にいられないこともありますよね。

具合が悪いわが子を預けてまでも働かなくてはならないのはつらいです。

できれば自分の手で成長1つ1つを確かめながら育てていけたらいいのですが、保育園に預けて働かなければいけないのが現実だったりします。

こどもの体調不良は本当に心配で不安も生じますので、日ごろから気を付けて生活し、体調万全で過ごせるようにしましょう。

そして、仕事が休みでこどもといられるときは、たくさん抱きしめてあげてくださいね。

スポンサーリンク

-子どもの病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフルエンザの症状は?治療は何をする?予防接種の効果は?

毎年12月から1月にかけて猛威を振るインフルエンザ。 病院では10月くらいから予防接種が始まりますね。 スポンサーリンク インフルエンザの症状、治療、予防接種の効果などについてまとめてみました。 スポ …

手足口病の発疹の経過は?発疹だけのこともある?薬やケアはどうする?

手足口病は発疹が出るので跡が残らないかどうか心配になったり、悪化しているんじゃないかと不安になることがありますよね。 スポンサーリンク どのような経過をたどって症状が落ち着いて治癒していくのか経過を知 …

手足口病の症状とは?家族間での感染予防と治療はなにをする?

「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」は夏かぜトリオと呼ばれています。 スポンサーリンク 代表的な子どもの病気として取り上げているこの3つですが、今回は手足口病の症状や予防方法、治療 …

伝染性膿痂疹(とびひ)の症状とは?家族間での感染予防と治療は?

とびひという言葉を聞いたことはありますか? 私も子どものころ、母に「(弟が)とびひになったから気をつけてね」といわれた記憶があります。 スポンサーリンク また、子どもの肌荒れがひどくて皮膚科に連れて行 …

熱性けいれんの症状は?応急処置はどうすればいい?治療は何をする?

熱性けいれんとは発熱に伴って起こる痙攣のことをいいます。 我が子が急に痙攣をおこすと怖くなりますよね。 動揺してパニックを起こしてしまう方もいます。 スポンサーリンク 熱性けいれんがどのようなもので、 …